ぽっこりお腹とGoodbye!

ぽっこりお腹が気になっていませんか?若いころは多少お腹が出てきても少しがんばって食事制限や運動をすればもきれいにお腹もひっこんでいたのが、いつの間にかそんな事では引っ込むどころか、少し食事をしてもすぐお腹のぽっこりが目立つようになってきていませんか?そんな自分の体の変化に気づき、どうやったらこのぽっこりお腹を減らすことができるのか悩んでいる人は本当に多いんです。

 

ラクトフェリンとぽっこりお腹

 

中高年からも高い人気のラクトフェリンは、ぽっこりお腹の内臓脂肪を減らすのをサポートが確認されています。

ホコニコのラクトフェリンはこちら

ぽっこりお腹の脂肪を落とすためには毎日の不摂生を見直し、ぽっこりお腹対策としてラクトフェリンの応援もプラスするといいとされています。ただし毎日の不摂生をそのままにしてどんな応援を得ようとしても、なかなか思ったような手助けは期待できないですよ。

 

ぽっこりお腹の原因

 

ぽっこりお腹の原因は消費したカロリーより、摂取したカロリーが多いことが原因です。
中年になってくると若い頃と同じ生活をしていても、燃える力が落ちると言われています。若い頃と同じ食生活を続けていると、どうしてもそこにひずみが出てしまいます。
また若い頃は暴飲暴食しても特に脂肪が増えることなどなかった人も、加齢とともに摂り過ぎたものが消費されずに、腸管の脂肪細胞に溜まってしまうということが起こるのです。年齢とともに体の燃える力も減りますが、実際に若いときより体を動かすことも減ってくるのではないでしょうか。このように同じような食生活を続けていても、ぽっこりお腹になってしまうと考えられ、その上、不摂生が続いていれば、より多くの脂肪が溜まってしまうのも当然のことなのです。

ぽっこりお腹の原因、内臓脂肪を増やす不摂生について

ぽっこりお腹の正体は腸管にこびり付いた脂肪と言われています。そんな困った脂肪がつく原因の一つとして不摂生があります。身に覚えがなくても意外と気付かずにあなたも不摂生をしているかも知れませんよ。

 

お酒の不摂生

お酒の好きな人は、お酒による不摂生も見直しが必要です。お酒はそれ自体結構カロリーがあります。飲み物なのでカロリーのことをつい忘れて飲んでしまいます。そして普通のドリンクと違い、アルコールは感覚を麻痺させるため、量を節制することができなくなってしまうことも。そのためついつい暴飲暴食にもなりやすいのではないでしょうか。
また喉が渇いたときでも水ならゼロカロリーですが、ビールならそれなりのカロリー摂取してしまいます。そして多くの人はお酒とともにおつまみや喫煙も増えてしまいがち。晩酌でもつい1品、2品とおかずが多く欲しくなってしまいます。こんな毎日のちょっとずつの積み重ねが、ぽっこりお腹の原因にもなってしまうのです。

 

食生活の不摂生

体を動かす程度に合った食生活はとても大切です。あまり運動もせずにカロリーの高いものばかり食べていれば、どうしてもお腹の脂肪も増えてしまいます。年齢にあったカロリー摂取を考えることも大切です。特に野菜を多く取り、せっかく日本人なので日本食を増やしていくこともおすすめです。日本食は野菜も多く、魚や豆腐などを中心にすることができます。そして洋食よりカロリーも低く、脂肪分も減らすことができるのではないでしょうか。

 

睡眠の不摂生

毎日の睡眠はとても大切です。寝ている間にわたしたちの健康は修復されると言われている程、睡眠時間は大切だと言われています。できれば毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きるという規則正しいリズムをつくることで体のリズムもできてきます。毎日のすっきりがスムーズであるためにも、毎日のリズムは大切です。

 

運動の不摂生

運動不足の場合は、やはり意識的に運動をプラスすることは大切です。適度な運動は燃やす力を高めるだけでなく筋肉を維持することができ、いつまでも元気で若々しい毎日を送るためにも重要なことではないでしょうか。