ぽっこりお腹のために和食のすすめ

ぽっこりお腹は、毎日の元気のためにも早くなんとかしたいもの。そのためにはやはり食事の見直しも大切です。そこでよく勧められるのが和食ではないでしょうか。そんな和食とぽっこりお腹に付いて考えてみましょう。

 

日本食の特徴

最近多くの人が肉食中心になっていますが、和食は肉だけでなく魚も多くなります。そのため脂肪分の摂取量も洋食より少なくなり、また多くの魚の脂は溜まる脂より逆に溜まった脂を減らす脂なのでおすすめなのです。そして根菜の煮物、葉物のおひたしなど野菜料理が多く、みそ汁の具や酢の物の具などに海藻もよく使います。また味噌、醤油、漬け物など植物性乳酸菌も豊富に含まれているのです。小魚などの摂取も増えカルシウム補給などにも優れています。

 

もともと野菜中心の歴史を持っている日本食は、魚や肉などのタンパク質も特に量を多くせず、単なるおかずの一つという考え方があるのではないでしょうか。それに比べて洋食の場合は肉がメインで、パンや野菜を添えるというイメージがあります。そんなところからも、ぽっこりお腹対策に和食がおすすめなのです。

 

和食メニューで心掛けたいこと

和食にした場合、メインの魚や肉なども一皿の量を50g〜80g程度に抑え、豆腐や納豆などの大豆製品も加えるように考えましょう。また和食では煮物など薄味を意識するようにしたいものです。醤油を使う場合も、ポン酢に替えたりと漬け物も塩分の薄いものを食べるなど、塩分摂り過ぎに注意することが必要ではないでしょうか。

 

他にも酢の物など海藻を意識的に摂ったり、ご飯も白米だけでなく玄米なども取り入れてみましょう。和食は一つひとつの量を少なめに種類を多くすることが基本なので、さまざまな食材を上手に利用して作りたいものです。

 

和食でも肉料理を

和食がおすすめと言っても、肉を使わないということではありません。魚が苦手な人でも日本食を楽しむことはできるのです。洋食とは違い、肉を使っても1皿の量を50〜80gまでとし、他のおかずで満腹にしましょう。

 

また肉、魚、大豆などのタンパク源を少量ずつ、バランスよく摂ることも和食ならではの特徴ではないでしょうか。和食はちょっと手がかかると思われていますが、例えば野菜の煮物やきんぴらなどは数日分を作っておき、冷蔵庫に保存して毎日少しずつ使えば案外楽に日本食を楽しめます。

 

ぽっこりお腹と和食とラクトフェリン

ぼっこりお腹が気になり出したら食生活を見直しが必要ですが、それには和食中心にすることが一番分かりやすいのではないでしょうか。急にいろいろな生活を変えようと思っても、なかなかいっぺんには難しいこともあります。

 

そこでぽっこりお腹対策のお手伝いをしてくれるラクトフェリンをプラスするのもいいかもしれません。食生活など毎日の生活を見直すことが基本ですが、それでも急に変えることはなかなか難しいことも。そこでぽっこりお腹低減のお手伝いとしてラクトフェリンにも活躍してもらいましょう。

ぽっこりお腹とラクトフェリン