ぽっこりお腹低減のお手伝いをしてくれるサプリ・漢方

ぽっこりお腹低減のお手伝いに、サプリや漢方などをプラスしてもいいのではないでしょうか。毎日の生活の中での見直しとともに、サプリや漢方のサポートをプラスしていくための、ぽっこりお腹低減のサポートが期待できるサプリや漢方をご紹介をしたいと思います。

 

漢方によるぽっこりお腹低減のお手伝い

漢方の生薬のブレンドをしている漢方薬の幾つかのご紹介をしてみましょう。

  • 防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

毎日のすっきりやぽっこりお腹の低減のサポートが期待されています。虚弱体質、胃腸が弱い方は不向きとのこと。

  • 九味半夏湯加減方(くみはんげとうかげんぽう)

毎日のすっきりやぽっこりお腹低減のお手伝い、そして燃える力を高めるお手伝いに寄与しています。胃腸の弱い方や妊娠中は向いていないとのこと。

  • 大柴胡湯(さいことう)

毎日のすっきりやぽっこりお腹低減のお手伝い、そして体重増加対策サポートなどが期待されています。子宮収縮の働きがあるため妊娠中は避けるようにとのこと。

  • 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

毎日のすっきりや、ぽっこりお腹の低減サポートに寄与しており、女性の体のリズムなどを整えるお手伝いも期待されています。

このように漢方薬にはさまざまな特徴があります。それぞれの特徴を良くチェックして、自分の体質にあったものを選ぶことが大切ではないでしょうか。

 

レシチン

レシチンはリン脂質の一種で脳や神経細胞、肝臓など多く含まれている成分です。食品では大豆、卵黄、酵母などに豊富に含まれていますが、内臓脂肪を外に出すサポートが期待されています。

 

カプサイシン

トンガラシの辛み成分ですが、体内でアドレナリンというやる気ホルモンの分泌をサポートし、燃やす力をサポートし、脂肪をエネルギーに変換する手伝いが期待されている成分です。

 

キチン・キトサン

キチンは動物性食物繊維、キトサンはキチンを化学処理によってアルカリ性にかたちを変えたものです。体内に入った脂肪分を吸着しそのまま外に出すお手伝いをするため、ぽっこりお腹の低減にも期待されています。

 

ラクトフェリン

ラクトフェリンは母乳に多く含まれている成分で、赤ちゃんをさまざまなものから守るサポートをしている成分です。わたしたち大人にもいろいろな元気のためのサポートをしてくれます。特に内臓脂肪やBMIの低減サポートにも深くかかわっていることが確認されています。
そしてラクトフェリンが脂肪分解酵素リパーゼの脂肪分解をサポートすること。またcAMP(環状アデノシン-リン酸)の濃度のアップ、脂肪が溜まるのを抑制するお手伝いをしてくれることも確認されています。

 

酵母

酵母は糖質をアルコールと炭酸ガスに分解するためのサポートをし、ぽっこりお腹低減のお手伝いも期待されています。

ぽっこりお腹とラクトフェリン