運動不足がぽっこりお腹をつくる

食べたものと燃える力のバランスが悪くなると、ぽっこりお腹の脂肪は増えてしまうと言われています。特に中高年のぽっこりお腹は気になるもの。毎日の元気を続けるためにも、ぽっこりお腹は減らしたいものです。ここではぽっこりお腹と運動について考えてみたいと思います。

 

ぽっこりお腹と運動

ぽっこりお腹が気になってきたら、まず食事と運動の見直しが必要だと言われています。当然両方とも大切なことですが、人によっては食事を重点的にチェックした方が良い場合と、運動を重点的にチェックした方が良い場合があるのではないでしょうか。またその人の生活の送り方によっては、両方重要だという場合もあります。

 

特に運動不足が気になっている人は運動の見直しを重視しましょう。ぽっこりお腹対策には有酸素運動が良いと言われていますが、少しだけ筋トレを取り入れると、よりぽっこりお腹対策にはおすすめです。そして毎日続けることが運動を有効的に行うポイントになります。

 

ぽっこりお腹におすすめの有酸素運動

ぽっこりお腹には有酸素運動が基本ですが、人気のある運動は水泳、ジョギング、ウオーキング、水中エアロビクス、エアロビクス、サイクリングなどがあります。また家で行うならストレッチやヨガ、それにスクワットなども人気です。

 

中高年になると関節や腰が痛くなったりと、それぞれ体に支障が出てくる事もあります。また運動は大嫌いという人もたくさんいるはず。そこでそんな自分にあった運動を選ぶことがとても重要です。例えば膝関節が不調だという人がスクワットをしても、なかなか続かず膝関節にも悪影響が出てしまうこともあります。

 

また屋外での運動は紫外線のことを考えると、絶対にイヤという人もいるのではないでしょうか。特に中高年の紫外線対策は重要です。そんな人は屋内でできる運動を行うようにすれば、続けられるのではないでしょうか。運動嫌いの人がジョギングと言っても続かないのは当たり前。そんなときには散歩がてらウオーキングを自分のペースで始めるといいのではないでしょうか。このように自分にあったものを選ぶことが大切なのです。

 

運動によって嬉しい変化

運動をすることでぽっこりお腹の対策だけでなく、いろいろな嬉しい変化も期待できるのではないでしょうか。まず運動をすることで腹筋が強くなり、毎日のすっきりがスムーズになる人もいるでしょう。それによってお肌のトラブルにも良い影響を与えることもあります。

 

お腹ぽっこりだけでなく体に筋肉が適度に付くと、きれいなボディーラインが期待できる可能性もあります。そして今まで息切れしていた坂道も、息切れしなくなるということも期待できそうです。このようにいろいろな変化を感じることができると、若々しい気持ちになれるのではないでしょうか。

ぽっこりお腹とラクトフェリン